2010 ブエナビスタ

「2010 ブエナビスタ」とは?

YouTube 動画

第30回はブエナビスタが1位で入線したが、
最後の直線で2位入線のローズキングダムの進路を妨害したとして、
審議の結果2着に降着処分を受け、ローズキングダムが繰り上がりで優勝となった
(参考:ブエナビスタの走破時計 2:24.9)。
引用:wikipedia


このような疑問は持ちませんでしたか?

  • 降着になるほどの進路妨害だったか
  • なぜ、2着までの降着だったのか
  • 2010年ここまで武豊騎手のG1勝利がなかった
  • ブエナビスタが勝ったから馬券は外れても予想は当った
  • 騎手はなぜ進路妨害をしたのか

「GHP投資法」はここが違う!

しかし、事実としては1着入線しているので馬券は外れたが予想は当たったと思っているならば・・・
おそらくあなたは、永遠にJRAのお客様です。
「ブエナビスタが圧倒的に強かったじゃないか」
「強い馬を予想するのが競馬なのだから、俺は間違っていない」
あなたは、そうおっしゃるかもしれません。
しかし、残念ながらその発想をしていたのでは
4つある、競馬の投資直線のうち
一番下を走る負け組みラインをなぞるのが明白です。
その理由は・・・
⇒こちらをクリック!
もちろん、有馬記念で
またしてもブエナビスタが1着降着するか?
そう聞かれると、答えは99.9%の確率でNOです。
さっきの今で、同じ失敗をするアホな騎手は
そうそう、いるはずがないからです。
いや、それ以前に
1つ、確認しなければいけないことがありました。
⇒こちらをクリック!

詳細情報はこちらから